Qコーヒー鑑定 Qグレーダー/国際コーヒー鑑定士としての役割 | 栗原coffee

2021/01/07 20:19

12月10、20日に栗原coffee店主(私の夫)がQアラビカ鑑定カッピングに参加させていただきました😊


※covid-19感染予防対策で、カッピング時カッパー同士が直接サンプルに触れずに全カップ評価できる新カッピング方法を開発し、採用しています☺️
私たちもずっと毎日2度検温を続けてます😊

【Qアラビカグレーダー(Qグレーダー)の役割とは?】
農園、商社等からの依頼によるコーヒーの生豆、焙煎豆、カッピングによる液体の鑑定(点数付け)を行うことです。

夫は月に1度Qアラビカ鑑定に参加させていただいてます☺️
実際に評価することにより、自分の能力維持、

キャリブレーション(鑑定の基準を修正)できます😊
プロとしてのしっかりとした嗅覚と味覚、判断基準がぶれないことが重要です。

 

「自分の好きなコーヒーだから高い点数をつけよう」という人はQグレーダーになれません。
他のQグレーダーとの鑑定差があってはダメなのです。



【日本で唯一のコーヒー評価機関であるJCE熱海ラボ】

世界中のコーヒーの農園から鑑定を依頼され、その評価を行うことのできる、ICPとして認定されているのです☺️


 【日々キャリブレーションやトレーニングがなぜ必要なのか?】

実技系の資格って、取得して何もしないと能力、スキルは衰えます。

最近、車の運転免許もで例えるのですが、取得してずっと乗っていないと運転できなくなりますよね💦

ちなみに私がそうで、取得してからずっと乗っていない為、運転できません😅

身分証として使用しているだけで何の意味もありません🥺

 

常にきちんと評価できるよう、能力維持は大切です😊





【鑑定後のお楽しみ♫】

鑑定後はみんなで美味しい物を食べて楽しんだようです😆うらやましい♡